2020年10月07日

“共鳴瞑想”の体験談をいただきました!

kyoumei16.jpg


Sさん(男性)

2ケ月続けてきて最近、ただ百会共鳴瞑想に参加するだけで、とにかく気持ちいいというか、心地よい感じが増えました。
特に、甘くってクリーン・微細なエネルギーの変化?というか、気づきを持っています。ただやることが気持ちよく、これは凄い! 
この瞑想の効果を感じています。

特にエネルギーに敏感になってきた。

具体的には、もともとエネルギーの詰まり感覚、振動やナーダ音、何色かの光、頭にエネルギーが上がってくると、圧迫感とジンジンする痛みなどの感触があったのですが、今はまろやかというか、とろけそうでしなやかというか、微細なエネルギーといっていいかもしれない何かが変化したのではないか?と感じています。

全く新しい感覚!です。

それで
安達さんの画面の手に自分の手を合わせると、手はジンジン、真っ赤な斑点が現れる感じですが、頭はジンジンではなく、まろやか、穏やか、クリーンな感じで、特に頭にエネルギーがいっぱいなり、下に降りで行く感じが気持ちいい・・・・

何もしないでいるのに気持ちがいい余韻(セロトニン増加か??)
頭に乗せたバターが溶けてじゅわーと広がるみたいな気持ちよさかもしれない。
ただエネルギーの流れがある感覚・・・恍惚感みたいな?感じ。

たとえるなら、
エネルギー循環によるエクスタシーといったところかな??

なので
なぜ、こんな現象が起きたか?と理解しようとする思考の中で思うにはたぶん、みんなで瞑想することにより滝のように流れるエネルギー増大の共鳴が起こり、自分の持っていた思いのエネルギーと体にブロックしてため込んでいた感情エネルギーが、溶けていったという感じを持っており、エネルギーが少しづつ流れ始めたのではないかとも思っております。

つまり
一人で瞑想しエネルギーを回しても自己内部は変わらないが、みんなの同じ波動共鳴エネルギーの相互作用や高いエネルギーを浴びると、自分の内部が変化して明らかにエネルギーの質が変わったという不思議な感覚を感じています。


いずれにしても、
百会共鳴瞑想は、怪しい瞑想ではなかった。
現代版、量子レベルでの癒しというか、潜在意識ヒーリングかもしれない?

参加するだけで、呼吸が楽になり、さらにネガテイブな感情や固まってしまっている自分を解放してくれる、コロナなどでストレスが溜まる現代人にとっては、必要な、また脳と心を休息するための潜在意識ヒーリングかもしれない?

今月後半に予定されているセミナーでは、さらにパワーアップするとか??・・・楽しみです~(^.^)



Sさん、体験談をありがとうございました!

「百会共鳴瞑想」の詳細はこちらをご覧ください。



posted by 安達正純 at 12:08| 「共鳴瞑想」体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする